HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  クラン活動  »  3次予選INDIAで僕がダクト凸をした理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3次予選INDIAで僕がダクト凸をした理由

家の前を女子中学生のたまり場にされて迷惑しているたっきーですおはこんばんようございます

僕が3次予選のGalactic戦で攻めの時にINDIAで初動ダクト凸をした理由や狙いをいろいろな人に聞かれたので書いてみます

初動でダクトに凸る

普通に考えたら死にます

あほです完全に、でも僕はINDIAが出ると毎回これをやります

理由としてまずダクトを見ている人を絶対的に倒す自信がある

Galactic戦でも2回やりましたが2回ともダクトを守っている相手をノーダメージで倒しています

1回目:9分55秒
2回目:16分50秒


結果的には相手のカバーが早くてラウンドを取ることはできませんでしたがこれをやることで相手は絶対初動からダクトを見るために一人を割くことになります

そうすること相手は油田の逆詰めやセンターの詰めに思い切った人数を割くことができなくなります

そのほかにも相手の配置をダクト見る役1人が絶対いると確定して動くことができるので相手の配置がかなり読みやすくなります

このような狙いがあって僕はダクト凸をしました




ちなみに攻めでラウンドに余裕があるときは

思い切って初動最速をいろいろなところを1~2回狙ってみると相手は初動最速の恐怖感でかなり引いて守ろうとするのでこちらが自由に動けるエリアが広がります
こうすることで、ローリスクで重要なポイントが取れるのでかなり有利にラウンドを進めることができます

それとともに相手はかなり前に出にくくなります

なぜかというと僕が最速でどっかに凸した時に相手が前に出るとすれ違う可能性や最速で来たPMとぶつかるという恐怖感があります

特にすれ違ってしまった場合相手がポイントマンだと裏を取られるリスクが上がります

このように相手に恐怖感や意識付けをすることで結果的に味方が動きやすくなります

別にこれはポイントマンに限った話ではなく、SRで初動1発だけ撃つとかそういうのも非常に効果的なのでぜひいろいろ考えて実行してみてください!
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。