HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  クラン活動  »  人数で押すことのメリットデメリット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人数で押すことのメリットデメリット

最近F4Eはバラバラで行っていった攻めをある程度形を作ってやるようにしています

その中であるポイントを人数で押すことのメリットデメリットが出てきました

メリット

相手が少人数だった場合人数押しで確実に拠点が取れる
そこを突破した場合一気に爆破ポイントまで侵入することができる


デメリット

paraやSRだった場合全滅する可能性がある
裏を取られやすい
TKなどが発生しやすい


とまぁデメリットに感じることの方が多いわけですが
裏しっかり見てTKしないように気を付ければいいわけです
一人ずつ行って削られるよりよっぽどいいと私は思いますね
これらに注意しながら少しまとまって攻めてみると難しい攻めが楽になるかもしれませんね



こっからクランのお話

攻めで形を作っている分、攻めでラウンドが取れても守りでラウンドが取れてないっていう状況です

攻めで4本とれて守りで1本しか取れないということが致命的です

攻めで取れるということは守りで取れないわけないんだけどなぁ・・・

自分が死んだらチームがきつくなるっていうのをもっと各個人が意識して守るべきですね

人数有利なのにあほみたいに詰めて死ぬとか愚の骨頂だと思います

攻めで必要なのは度胸と発想力

守りで必要なのは慎重さと組織力

個人で守るんじゃなくてチームで守りたいですね

守りが取れれば道は開けてくると思います



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。