HOME   »  メンタル
Category | メンタル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強いと巧い どちらを目指すか

どうも、お部屋を掃除して綺麗になったので気分のいいたっきーです

最近、ふと思ったのが

あの人強いな~って感じる人とあの人巧いな~って感じる人がいるということ

強いなーって感じるのは正面で瞬殺してくる人

名前出すと荒れそうなので言いませんがF4Eで言うとさらみとかあっぴーとかゆらちゃんとか

逆にあの人巧いなーって人は全然動きがつかめない、タイミングがいい、カバーがうまい

MAPに2人も3人もいるように感じる

ルールフリーでクラン戦をしていて強いなーって感じる人は結構いるのですが巧いなーって感じる人ってあまりいないのですよね

だから僕は巧いなーって言われるようなプレイヤーになりたいなって最近思いました

だいいち強いなー枠はさらみとかあっぴーとかゆらちゃんに任せとけばいいや

おれAIMないし・・・・

巧いプレイヤーになるには状況判断、空間把握能力、索敵能力をもっとあげなきゃいけないなって思いました

もっともっと頑張って敵に「あいつ巧いなー」って言わせたい

巧くなりたい!

うわぁ頑張ろう・・・




駄文でしたおつかれさまです

スポンサーサイト

僕のしている”次につながる”反省の仕方

どうも、小学生におじさんさようならって挨拶されたたっきーです。

萎えました。まだそんな年じゃないです。学生です。

最近の話をするとニコ生始めました!


良かったらコミュ参加を・・・

で、ニコ生とかしてるといろいろな人が来てくれてうれしいですね




そしてタイトルの話題に行きます

昨日も、ちょっとクラメンに言ったのですが僕のしている反省というか立ち回り改善方法を大公開したいと思います!

続きを読む

戦術っていうのは

戦術というのは、枠にはまりすぎちゃうぐらい練習のときには意識してやって、試合に出たときにはそれを軸としてケースバイケースでやらなければいけないなと思っている。

by Tsuyoshi Kitazawa


と有名な北澤豪さんの名言です

これはねーまったくもってそのとおりだと思います

練習では無理やりにでも作戦をやって成熟度を増して本番ではそれを使いながらも相手の形を冷静に分析して臨機応変に動く

こういうことが出来るクランが強い

でも本番でいきなり臨機応変にって言われてもできないかもしれないから
作戦を使いつつ臨機応変に動く練習もするといいと思うよ

でもF4Eは作戦なんて無いよ



話は変わりますがF4Eに新しい仲間が加わりました

Rainさんです

楽しい人なのですぐ仲良く慣れると思います

まぐれっていうと落ち込むのでやめてあげてください



最近のCWどうがいくつか・・・

僕はRMやってます



やり直すことの大切さ

オーダーで失敗したら

みんなに謝るよ
ただ謝るだけじゃないよ

何をしたかったのかをちゃんと伝える
どうしたらうまくいくと思ってたか
どうやったら勝てると信じてたか
そのヴィジョンをみんなに伝える

そこがずれてたんなら何度も話し合ってすり合わせるよ
やり直すってそういうことなんじゃないの?

これが僕のオーダーの考え方



そして1人のプレイヤーとして立ち回りや連携を失敗したら

みんなに謝るよ
ただ謝るだけじゃないよ

何をしたかったのかをちゃんと伝える
どうしたらうまくいくと思ってたか
どうやったら勝てると信じてたか
そのヴィジョンをみんなに伝える

そこがずれてたんなら何度も話し合ってすり合わせるよ
やり直すってそういうことなんじゃないの?

というのが僕のプレイヤーとしての考え方



味方が失敗したら

その人に言うよ
ただ言うだけじゃない

何をしたかったのかを聞く
どうしたらうまくいくと思ってたか
どうやったら勝てると信じてたか
そのヴィジョンをその人に聞く

それが最善じゃないなら何度も話し合ってすり合わせるよ
やり直すってそういうことなんじゃないの?

というのがクランメンバーとしての考え方





そうこれは某サッカー漫画GIANT KILLING の主人公 達海 猛の名言


一見、無謀とも思われる戦術について尋ねられたインタビュー、
うまくいかなかったらどうするつもりだったのか、という質問に対して…

「選手に謝るよ
ただ謝るだけじゃないよ

何をしたかったのかをちゃんと伝える
どうしたらうまくいくと思ってたか
どうやったら勝てると信じてたか
そのヴィジョンを選手に伝える

そこがずれてたんなら何度も話し合ってすり合わせるよ
やり直すってそういうことなんじゃないの?」

と言いました

これを読んでて僕はとてもそのとおりだなって思いました

AVAでもそうだなって

これをやれているクランはきっと強くなる

僕はそう思いますし
そう信じてます

自分で言わなきゃ伝わらないのがオンラインゲームです

クランに入っていると

他のクラメンに対して

そこ違うだろ・・・

とか

そこはこうしたほうが・・・

とか

いろいろ思うこともあるでしょう

もちろん自分が思われていることもあるでしょう

じゃあそれらをいつ言うのがベストだと思いますか?

言うタイミングを間違えるとうまく伝わらない時もあるので気を付けたいですね

配置的なことに関してはこのまま行ったら負けるって思ったら試合中に言いますがそれ以外のことに関しては基本的に試合後に言うといいと思います

試合中はみんな全力を尽くしてプレーしているので口論の火種になりやすいです

僕の考える理想的なクランっていうのは

どんなに意見が違ってもどんなに考えが違ってもそれが原因で口論になっても何回も何回も話し合って意見をすり合わせることができるクランだと思います

そういう意見のすり合わせが試合中などのとっさの判断などにつながり最終的には相手チームに競り勝つことができる差になるのではないかと思います

意見が合わないから、考えが合わないからと逃げてしまっては何も始まりません

リアルでもし目の前で話をしている相手が嫌な顔をしていたら今の発言まずかったかな?って思いますよね

元気がなかったらどうしたの?って声かけますよね?でも

オンラインというのはリアルと違って相手の表情までは見えません

身振り手振りも見えません

自分で声で伝えなければ何も伝わりません

僕も昔は(かなり前の別のゲームの頃)クランで少し嫌なことや合わない所があると活動に来なかったり無言でクランを脱退したりしていました

でも今ならそんなことは絶対しません

自分で声で伝えなければ相手は何もわかりません

だからすぐクランを脱退したりする人たちに言いたいです

まずは話してみようよ

だってさ話してみてからでも遅くないでしょ?

そんなに切羽詰ってるの?違うでしょ?


たぶんね、これができない人っていうのはどんなクランに行ってもすぐに抜けちゃうし

どんなにAVAがうまくてもクランメンバーに認められることはないと思います

まぁ明確な理由があって脱退する人には何も言いません

またマッチでもしようねって言うだけです

だって一時期は同じ目標を追いかけた仲間だからです

でも一度も同じ方向を見ることなく抜けていった人たちはどうしても冷たい目で見てしまいますね

でもね僕は、話してもらえないっていうのは話してもらえなかった側にも少しだけ責任があるのかなって思います

もっと話しやすい環境を作ってあげれたらなって後で後悔しますね

とまぁ書き殴ってしまいましたが気にしないでください

僕のたわごとです

今の僕はマスターではないのでお気楽ですけどね

まぁここらが潮時な気がしないでもないですがね




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。